◆岸和田のかかりつけ医|内科・外科・胃腸内科・漢方内科【畑田医院】
 
  【指針】        
 
   

東洋医学と西洋医学の融合を求めて
畑田医院は漢方治療(東洋医学的治療)と西洋医学的治療を融合させ、原因治療だけでなく自覚症状に対しても漢方学(東洋医学)的診断を用い、症状にそった的確な治療で患者様の一番辛い症状をいち早くとることを旨としている内科・外科・胃腸科・漢方内科の診療所です。 

たとえば、検査では異常を認めないのに、辛い自覚症状が取れない場合があります。そんなときこそ漢方治療(東洋医学的治療)が推奨されます。個人差があるため、一言ではいい切れませんが、当院の実績として漢方(東洋医学)診断により、意外なほど早く効果があらわれ、症状がとれた患者さんが多数おられます。 ただし、漢方治療を望まない患者さんにはこちらから漢方治療を無理やり押し付けるのではなく、西洋医学的治療を用いて充分なる治療効果を挙げています。
 
 
医師の経験と直感を大切にしながら

来られた患者さんにおこなう検査は必要最小限にしながら、最大限の効果が得られるように心がけ、身体(病気)だけ診てよしとするのでなく、病んだ心をも診ることを忘れないよう肝に銘じて治療しています。常に最新の医療機械と情報を手に入れ、患者さんに提供することが社会での当院の役割と自覚しています。

効率のよい医療を提供する
来院された患者さんの待ち時間を最小限にするため、スタッフを数多く採用し効率のよい医療とサービスを提供することをこころがけています。
 
 
当院での検査の限界、治療の限界を知る
自院での検査、治療の範囲を超えているとわかった時には、一刻も早く最良だとおもわれる医療機関(患者さんの希望する医療機関にも)に紹介することを旨とし、広い分野での優れた医療機関(病院)との病診連携を構築し、さまざまな患者さんにすばやく対応できるようにしています。
 
 
地域医療の指針となるもの
「医の職業倫理を遵守し、生命安全と良質な医療を提供すべく地域医療に邁進する」ことを医療方針としています。 私たちが開業し、地域医療に飛び込んだ理由の一つは「病院や診療所で待っているだけの医療で患者さんのニーズを満たせるのか?」という疑問からでした。開業当初から当院に通院する患者さんを対象にして、現代医学をもってしても治らない末期癌の方、不治の病の方、高齢となった方には、生まれ育った自分のお家で最期を迎えたいと希望される方には、家族の協力をいただきながら、往診をさせてもらっております。
 
私たちが足を運ぶことで、少しでも苦痛を取り除いてあげられればと思います。癌の末期治療は本人の望む、望まないにかかわらず多大な苦痛を伴うものです。大きな病院の最新治療の中で最期を迎える方もありますが、慣れ親しんだお家の中で、家族に見守られながら人生を終えたいと考える方も大勢おられます。 患者さんの人生の最終章を出来るだけ苦痛を取り除いた状態で安らか迎えさせてあげることができれば、それは私の医師としての最高の奉仕だと考えています。

私の医業の言行はロータリークラブの一員であるところの職業奉仕の理念に根ざしています。私の心の中には、ロータリークラブが教える四つのテスト(教え)がいつもぐるぐると回っています。言行は以下に照らしておこなう
   
 「真実か、どうか」
 「みんなに公平か」
 「好意と友情を深めるか」
 「みんなのためになるかどうか」
 
患者さんに納得していただける医療を提供できるよう、院長のみならずスタッフ一人ひとりが地域で選択される医院を目指して日々努力しています。



 
  院長 畑田率達  
   
     


    「慈悲の手、慈悲の目、慈悲の耳、是すなわち看りの智慧なり」
 
この看り(みとり)の指針が出来るまで、師長・畑田雅子は自らの看護師経験25年を節目として、自分のみならずスタッフの看護教育にも原点となりうるモットーを思索し続けて参りました。
 
この言葉の意味は、私の人生観の根幹となる仏教観に根ざしているものです。 医の倫理も看りの倫理も根底は人間生命に光をあてたもの「生命の尊重」以外に他ありません。
 

今、医院に求められるもの・・・

 
現代医学は急速に発展し、最新の設備機器と医療技術は日に日に進歩し続けています。かなりの病気が治癒される中、一方では新しい現代病も増えています。そうした中でも人間の苦悩はそうたやすく癒されないままきています。私たち医療人は苦悩する人達にどのように手をさしのべていくべきかを考えます。   
人間本来の生命に光をあて、慈悲の心を一時でも忘れてならないと考えています。どんなに医療が発達しても、 人間を診る、看ることには変わりはありません。
  
一人の人間、身体と心は一つであります。身体だけを部分的にみるのではなく、その心を看る、その心の声を聴くのです。医療者の心の姿勢が病む人の心に伝わっていくものだと、長い看りの経験から思います。当院が心がける基本は、「目の前にいる一人の人」を大切にという基本姿勢を貫くことです。
  
 
   
 
      医療人として技術や知識を提供しても、知識だけでは一方的な提供(サービス)に過ぎません。 知識を知恵に変え、そして智慧の中にこそ深いドラマが生まれてくるのです。
 

こうしたことで看りの言葉をどんな形で表そうかと考えていた折、開院以来の患者さんの中に書家の方がおられることに気付き、私の意を伝えました所、円(まる)の中にこの言葉を額にしたためてくださいました。
円(まる)の意味は、和楽の和と団結(チームワーク)のこと、私もその考えが「輪円具足」という仏教の教えにあると共感したものです。私たちの目指す、ひだまりのような医院にふさわしい丸くて温かいものを感じ取りました。


 
 
 
  看護師長 畑田雅子  
 
 
 
       
  【スタッフ紹介】  
 
 










  <院長のプロフィール>
  
 ・院長 畑田 率達  HATADA, Norisato
 
 
 ・資格 医学博士
     日本東洋医学会専門医
     検診マンモグラフィ読影認定医師
 
 
 ・所属学会 日本外科学会
       日本消化器外科学会
       日本内視鏡学会    
       日本乳癌学会
       日本臨床内科医会
       大阪内科医会
       日本東洋医学会
       日本乳癌検診学会
       日本消化器内視鏡学会
       日本臨床漢方医会
 
 
 ・略歴 大阪医科大学卒業
     大阪大学医学部第二外科入局
     神戸液済会外科医員
     大阪大学医学部第二外科・医学博士取得
     小豆島町立内海病院外科医員
     市立貝塚病院外科医長
 
     岸和田市医師会副会長
     岸和田市学校保健会会長
     岸和田市学校医部会会長
     日本医師会認定産業医
     常盤幼稚園・小学校校医
     岸和田東ロータリークラブ会員
 
   
 
       
  【畑田医院からのお知らせ】  
     
     
  <予防接種法の改正>  
     
  予防接種法の改正により平成18年4月から麻疹・風疹の予防接種が変わります。対象年齢、接種方法が変わり、接種できる期間も短くなるため、受けていない人は早い目に受けましょう。
 
詳細は下記のホームページを参考にしてください。
 
  岸和田市保健センターのホームページ  
  http://www.city.kishiwada.osaka.jp/hp/m/m358/kodomo/mashin-hushin.html  
     
     
  <食中毒予防対策関連情報>

 
  ノロウイルスについてのQ&A  
http://www.mhlw.go.jp/topics/syokuchu/kanren/yobou/040204-1.html
 
 
  (病名の解説)  

●ヘルパンギーナ(Herpangina )詳しくは

 
  ●感染性胃腸炎 詳しくは
  ●手足口病 詳しくは
  ●A群溶血性レンサ球菌咽頭炎 詳しくは
 
 
 
  医院のトイレを改修しました
 
 
  開業時、トイレは洋式では便座にじかに座ることを嫌がる人が多いのではないかと考え、和式トイレで16年やってきましたが、高齢の患者さんから和式ではひざが痛い、足が痛いとの意見がありこのたび洋式に変更しました。

洋式便座に、フル装備ウォシュレットで、使用時は、ひとりひとり消毒薬で便座を拭いて使用してもらうようにしています
 
 
  ペットから病気をもらう人が増えています
 
 
ペットからの感染を防ぐために普段からの心構えに注意してください。日本医師会のホームページに対策が載っています。下のアドレスにアクセスしてみてください
・動物由来感染症ハンドブック(日本医師会HP)
http://www.med.or.jp/kansen/animal/index.html
 
 
  日本脳炎の予防接種が中止に  
定期予防接種として、日本脳炎ワクチンの積極的な推奨を差し控えることになりました。詳しくは日本医師会のホームページ日本脳炎ワクチン接種の積極的勧奨差し控えQ&Aをご覧ください。
http://www.med.or.jp/kansen/nouen.html
 
 
  「生活習慣病」に対する食事療法指導  
生活習慣病(糖尿病、高血圧、高脂血症、心臓病、脳卒中)の患者さんとその家族の方を対象に、治療で最も大切な食事指導を、専門の管理栄養師が1時間ほどかけて指導いたします。
 
 ・曜日: 毎週水曜日(第一週目はお休み)
 ・時間: 午前9時→ 午前10時→ 午前11時→ (約1時間/予約制)
 ・場所: 畑田医院(地図を開く
 ・講師: 管理栄養士 森下加代子
 ・受講料: 個人指導一般770円、老人70才以上260円(税込)
 
<申し込み、お問い合わせ>
 外来受付もしくは、畑田医院:072−443−8008
 
  (生活習慣病とは?)  
  厚生労働省HP【生活習慣病を知ろう】
 http://www.mhlw.go.jp/topics/bukyoku/kenkou/seikatu/
 
 
 
 
  【地 図】
  地図
   
  ・さらに詳しい地図 → グーグルマップ
  ・JR阪和線「下松駅」からの行き方 → コチラ
   
   
  【住 所】
   〒5960822 大阪府岸和田市額原町1051番地 医療法人 畑田医院
   
  【電 話】
   072−443−8008
   
   
 
  岸和田かかりつけ医|内科,外科,胃腸内科,漢方内科【畑田医院】電話072-443-8008 |ホームページ→コチラ
鼻から胃内視鏡検査|漢方治療|インフルエンザ予防接種|健康診断|生活習慣病指導|漢方治療(東洋医学)と西洋医学を融合。